着ぐるみバイト

記事カテゴリーに「アルバイト回想録」があるのに、
最近ぜんぜん追加していませんでした。
思い出した話を一つ書きましょう。

学生時代に一日だけのアルバイトをしたんです。
動物の着ぐるみに入るアルバイトでした。
とあるイベントに出る動物たちの着ぐるみです。

着ぐるみ

一応公式な団体の仕事だったんです。
△△市のが主宰した「ミス△△市コンテスト」というもの。

私が19歳の頃で、昔はおおらかだったんだ。
今なら市がこういうイベントを主催したら、
絶対にクレームが来そうだもん。

候補女性数名が街を歩く時に周囲を動物として踊りながらついて行った。
オープンカーの上から手を振っていたりもしたと思う。

ミスコン

書いていて今思い出したんだけど、
当時一人暮らしをしていたアパートの大家さんが市役所務めで、
そこからこの話が来たのだ。
(数十年ぶりに思い出しました!)
そのアパートに居た同じ大学の3人で参加しました。
富山県のK先輩と横浜のF君とです。

懐かしいなぁ~、
2人とも何してるんだろう?


Fくんはこのブログに何度か出てきてますけど。

。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:✿。.゚+:

着ぐるみバイトの話に戻しましょう。
会場には子供たちもいっぱい来ていました。
K先輩は顔の穴から子供に奥を覗かれて、

やっぱ人間が入ってるぜ~!

と、からかわれるてるのを真剣に怒り、

このクソガキ、
どっか行きやがれ!


なんて本気で怒鳴っていたっけ。
(私は近くで凍りついていましたが)


ミスの女性の方々は確かに綺麗でした。
表では満面の笑顔を振りまいていました。
しかし控室に入るとミスの中の一人が、
タバコの煙を鼻から出して、

鼻から煙

あ~あ、疲れたな~。

などと冷めた顔で言ってたのがドン引きでした。
そんなことも私にはとても懐かしい思い出話です。

昭和
ここまで昔ではないが。

日給をいくらもらったのかは思い出せません。
一日限りの変わったバイト体験でした。

若き頃、バイトは山のようにしたので、
思い出しながら書き足していきます。

(´-`).。oO

☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`
  乾元紫微斗数 (村野大衡のHP) ⇒
  今月の鑑定日はここ☆をご覧ください。
☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`

May I make one last request?
この3つのクリックをぜひお願いします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 開運カウンセリングへ


拍手を頂けると非常に喜びます。

テーマ : 懐かしい話 / 思い出話
ジャンル : 日記

30年前の怪しいバイト

アルバイトの話がいっぱいある。
カテゴリー欄に「アルバイト回想録」を作ったのだから少しずつ書き足していきたい。

今日は番外編として怪しい話を一つしましょう。

怪しいバイト

これは大学生の時の話です。
若い私は少しでも金になるバイトを探していたんだ。

あれは俗にいう10円喫茶の店から始まりました。
(それ何?という善良な方は気にしないで)
場所は都内の某繁華街、眠らない街です。

不夜城

始めは電貼りを見てその店に面接に行ったのですが、

「お前は信用できそうだ」

ということで悪役商会のようなフェイスのおじ様に、
違う職場に連行案内されちゃいました。

ここから先はボカシても言えないこと。
そこは犯罪ではないけど結構グレーな場所でした。

あの「眠らない街」にずーっと居ると色んなことがあります。
私のやってた仕事とは関係ないのですが、
あの時には発砲の音まで聞いたことがあります。
(繰り返すけど私は関係ないよ)

発砲

街の中で発砲の音を聞いた人って普通は居ないと思う。
あれ、すっごく乾いた音がするんですね。

この辺までにしておかないとヤバいな。
30年以上前の話でした。

これらも含めて人とは違った経験が多いです。
異次元空間だったけど今の仕事にも役立っています。

パン!パン!(▼へ▼メ)σ‥…-------・

☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★
紫微斗数 乾元会(村野大衡のHP)
http://shibitosu.web.fc2.com/
☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★

新たに紫微斗数ランキングにも参加しました。
この3つのクリックをぜひお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 開運カウンセリングへ


励みの拍手もお願いします(更新頑張っちゃいます)

テーマ : 懐かしい話 / 思い出話
ジャンル : 日記

誤解のなきように

過去のバイトのことをいくつか書きました。
書いたのはまだ3種類だけど。
 (ゴルフ練習場の球拾い)
 (ティッシュ配り)
 (珍味の訪問販売)

これからも随時お話していきたいと思います。
期待してください。

好期待

だがここまで書いてふと思った。
皆さん、こう思ってないか?

村野さんって、
変なバイトばかりしてるな。


違う違う!


違う、そうじゃない

普通のバイトの方が圧倒的に多い。
私は善良な学生だったんですよ。
例えばこのようなもの、
・ファーストフード
・ファミレス
・工場の軽作業
・交通誘導
・スーパー
・家庭教師
 その他・・・。


でもね、
普通のこと書いても面白くないでしょ。
だから面白かったものをピックアップしてるだけ。
変なバイトマニアではありません。
くれぐれも誤解のなきように。

よくある誤解

思い出してみれば、
普通のバイトの中でも面白い話があるある!
ただ、書き方を考えないと迷惑をかける人が出てくる。
それだけは絶対にダメだ。
かといってぼやかしすぎると面白味がないし。
その辺が難しいところだ。

とにかく莫大な数のバイトをしました。
普通の人にはメチャクチャ面白いことでも、
私には普通に思えて見落としてる話もいっぱいある。
そういう話も思い出すようにしよう。
思い出したらブログの下書きに保存していきます。
そしていずれ公開だ!


近日公開予定

前売り券絶賛発売中!
プレイガイドへ!


(って違うだろ)

☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆
 村野大衡のHP(鑑定の情報もこちらです)
http://members2.jcom.home.ne.jp/fushigina/
☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆

ワクワク♪o(^o^o)(o^o^)oワクワク♪


励みのポチもお願いします(更新頑張っちゃいます)

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

○○○の紹介Ⅲ

続きの日記なので、前のものから見てください。

 ⇒ ○○○の紹介Ⅰ(2016/01/30)
 ⇒ ○○○の紹介Ⅱ(2016/01/31)

1人は無事逃げ去った。
もう逃げられない残りの私たち3人。
この先どうなるんだ・。
高校生にして怪しい仕事をすることになるのか。

恐怖新聞

3人は外に連れ出される。
スーパーの買い物カゴに珍味をたくさん持たされた。
ワゴンに乗せられ住宅地に連れて行かれます。
1人ずつ距離を置いて降ろされていきます。
3人が皆、別々な場所に降ろされたのは、
話をしてほしくはないからでしょう。

○時にまたここに来るから。

そう言ってオッサンは帰ります。

とりあえずやってみるか。
訪問販売なんて普通の高校生はしたことないぞ。
恐る恐る最初の家のインターホンを鳴らす。
玄関に出て来ないが、インターホンから返答が、

主婦:はい、どちらさま?
村野:こんにちは~、
    北海道の海産物の紹介で廻ってます。

主婦:あ、そういうのごめんなさい。
    北海道に親戚が居るもんで。


どの家も、
結構です。
いらないです。

或いは、
北海道に親戚が居るから。
と断られます。

なぜこの辺のに住む家の人たちは、
北海道に親戚が居るのだろう(笑)。

訪問販売お断り
このステッカーも嫌だったな(笑)。

売れない。
まったっく売れない。
それ以前に話さえも聞いてくれない。
社会に出てからは営業の天才と称された私です。
でもこの時はまだ純情な高校生。
しかも売るものがこれだもん。

たまに気のいいおばあちゃんが、
かわいそうだねぇ、
買ってあげるよ。

と言ってくれるのですが、
値段を聞くとやっぱり断られます。

さてここで問題です。

この珍味が一袋いくらでしょう?

一パック、今のスーパーでも500円ぐらいでしょう。
大きくて豪華なのでも1,000円ぐらいだ。
それが何とその時の値段で、

2,500円!

当時で2,500円だったんだから、
今だと5,000円ぐらいの感覚か?

これじゃ、誰も買わんだろ!

無理

かなりの家を廻ったけど諦めました。
数時間後、
ワゴンに乗って会社に戻りましたが、
3人の大学生も一つも売れなかったようです。

オッサンはブツブツ怒ってたけど、
そんなことこっちはもう知りません。

解放されたのが嬉しかった!

解放

報酬は0円でした。
むしろ交通費の分損しました。

このバイトは私にとって黒歴史です。
数少ない失敗談の一つです。
勉強になったと思うことにしました。

学生の方は引っかからないように。
アルバイトを探していたとしても、
「海産物の紹介」という言葉には注意してね。

注意ワード

この話は恥ずかしくて家族にさえ黙ってました。
友達にも言ってません。
なのですがブログで打ち明けちゃいました。

(33年の沈黙を破って公開!)

☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆
 村野大衡のHP(鑑定の情報もこちらです)
http://members2.jcom.home.ne.jp/fushigina/
☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆

(p〃д〃q)


励みのポチもお願いします(更新頑張っちゃいます)

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

○○○の紹介Ⅱ

続きです。
まだの方は一応こちらを見て。

 ⇒ ○○○の紹介Ⅰ(2016/01/30)

思い切って部屋に入った。
競馬場に居そうなオッサンが2人。
何かの袋詰め作業をしてる。

その横に大学生らしき3名が居る。
居心地が悪そうだ。
私と同じバイト希望で来た学生のようだ。

お、君が村野君か。
あと一人来るから、そこに座ってて。


私は学生3人の横にある丸イスに座る。
残りの一人もすぐに来た。
オッサンは4人のバイトを集めて話し出す。

よしこれで全員揃った。
今日みんなにやってもらう仕事はこれだ。


オッサンは私たちに珍味の入った袋を見せる。
イカなどの水産物を加工してパック詰めしたものだ。
要するに珍味の訪問販売というのが仕事らしい。

珍味

何だよそれ、
アルバイトニュースには確か、、

♦ 北海道の海産物の紹介 ♦

って書いてあったぞ。

あ、それが珍味売りなのか。
(言葉巧みだな・・・・)

やりたくねーぞ、そんなこと。
店頭での販売か、サンプルを配るものかと思ってた。

最後に来た一番端の学生が立ち上がると猛ダッシュ!
机の上に置いてある自分の資料を掴んで、
すごい勢いで部屋から逃げて行った。

待てコラ!

オッサンは声を張り上げたがすぐに諦める。
慌てて机の上の資料をかき集めて、

君たちは大丈夫だよな!

オヤジ

残りの3人は逃げられなくなった。
私たちはどうなる!?

(次回は最終回)

☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆
 村野大衡のHP(鑑定の情報もこちらです)
http://members2.jcom.home.ne.jp/fushigina/
☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆

((((;゚Д゚))))


励みのポチもお願いします(更新頑張っちゃいます)

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

sidetitleプロフィールsidetitle

ほのぼの占い師“村野大衡”

Author:ほのぼの占い師“村野大衡”
命理師の村野大衡です。
日記なのか占いの話になるのかわかりませんが、お気楽な私に付き合ってください。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleトータル来訪者数sidetitle
sidetitle今ここを見ている人はsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitle年別アーカイブ一覧sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle乾元紫微斗数(けんげんしびとすう)sidetitle
乾元紫微斗数は通常の占いと違い、変な決めつけや予言はいたしません。その人の持つ潜在能力を最大限に引き出すことのみを目的とした究極の能力開発占術です。進化し続ける乾元紫微斗数鑑定をぜひとも体験してください。 http://shibitosu.web.fc2.com/
sidetitle全記事(数)表示sidetitle
全タイトルを表示
sidetitle Amazonおまかせリンクsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブログ村sidetitle