師からの教えを活かす

昨日の続きです。

 ⇒ 乾元紫微斗数3コース

乾元紫微斗数では命盤を読み取った上で更に、
独自視点のアドバイスをどう極めるか?
それを持って守破離の「離」としたい。

banner1.jpg

細密コースでは過去に自分が学んだ能力開発法を導入。
個人別の開運プログラムを極めるのが目的です。

各所で学んだ技術は膨大量ですがその中でも、
故・藤本憲幸先生の影響が一番大きいです。

頂いたサイン

(先生は残念なことに2016年に永眠されました)
(これからも先生の教えを活かして精進します)


先生のお名前は、現在50歳以上の方で昔から能力開発やヨガなどの世界に興味がある方なら誰でも知っているはずです。

藤本憲幸

私は色々な場でよく話してることですが、

・占術は蔡上機老師が目標!
・人生は藤本憲幸先生が目標!


私の人生の2大目標です。

藤本憲幸先生からは能力開発のことだけでなく、
その奥のことまで実に多くを学びました。

一番最初にお会いしたのはかなり昔になります。
私の記録によると昭和56年12月のこと。
16歳の高校生の時の冬休みの間ずーっと、
泊まり込みで一人で名古屋に行ってました。
場所は先生が主宰されてたユーガピア協会です。
(中学生の時から行きたくてしょうがなかった)
ここで断食をしながら徹底的に教えを学んだのです。
無双原理、記憶術、ヨガ整体、想念術、短眠法・・・。

藤本憲幸先生サイン
16歳の時に頂いた貴重なサインを初公開。

中でも想念術が一番好きです。
これは一般的にはイメージングと呼ばれています。
今風に形を変えて言えば引き寄せでもあります。
この奥の奥、本に書いてない秘伝まで学んだので、
切り口を変えて占術に取り入れたいと考えたのです。

想念術入門
想念術入門


この辺のことをちゃんと先生に了解して頂きたくて、
2012年11月25日に藤本憲幸先生とお話ししました。
場所はその時に先生が東京で宿泊されていた、
シャングリ・ラ ホテル東京のスイートルームです。

シャングリ・ラ ホテル東京

先生は、今までの私のことをご存じなので話は早いです。
ここで自分の思ってることを全部お伝えしました。
当日はこんな出だしで相談を始めました。
(音声を数秒だけ出しちゃいます)

 ⇒ 藤本憲幸先生に相談(MP3)

占術とは別次元の想念術です。
違う2つをどうやって融合させようか?


先生直々に色々な角度からのヒントをもらいました。
想念術を組み込むことの正式な許可も頂けました。
(この許可を頂けたのは世界で私一人です)

これで一歩前進です!!

シャングリ・ラ ホテル東京にて藤本憲幸先生と
シャングリ・ラ ホテル東京 スイートルームにて。

藤本憲幸先生には過去にも、
プライベートのパーティーに呼んで頂いたり、
○○を教えて頂いたり本当にお世話になりました。
今でも私の永遠の師匠であり目標です。

これで想念術の問題はスッキリとしました。

ただまだ最終関門が残っているのです。
それをどうしようか・・・。

(次回に続く)

(´・ω・`)?

☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★
紫微斗数 乾元会(村野大衡のHP)
http://shibitosu.web.fc2.com/
☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★

新たに紫微斗数ランキングにも参加しました。
この3つのクリックをぜひお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 開運カウンセリングへ


励みの拍手もお願いします(更新頑張っちゃいます)

テーマ : 占い
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ほのぼの占い師“村野大衡”

Author:ほのぼの占い師“村野大衡”
命理師の村野大衡です。
日記なのか占いの話になるのかわかりませんが、お気楽な私に付き合ってください。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleトータル来訪者数sidetitle
sidetitle今ここを見ている人はsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitle年別アーカイブ一覧sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle乾元紫微斗数(けんげんしびとすう)sidetitle
乾元紫微斗数は通常の占いと違い、変な決めつけや予言はいたしません。その人の持つ潜在能力を最大限に引き出すことのみを目的とした究極の能力開発占術です。進化し続ける乾元紫微斗数鑑定をぜひとも体験してください。 http://shibitosu.web.fc2.com/
sidetitle全記事(数)表示sidetitle
全タイトルを表示
sidetitle Amazonおまかせリンクsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブログ村sidetitle