昔のゲーム(その1)

子供の頃に魅了されたゲームがある。
それがスペースインベーダーです。

wikiを見ると昭和53年に出たらしい。
ということはその頃は私は13歳だったのだ。

スペースインベーダー

当時の子供たちは熱中しました。
これ、悪魔のゲームです。
だって100円玉が湯水のごとく消えていくんだから。

当時の子供がガンガンお金をつぎ込むので、
ちょっとした社会問題になったものです。

ゲームのお金欲しさに万引きやカツアゲが増え、
ゲーム機を不正に操作してカウントする。
そんなことが日本中あちこちで起こりました。
思い返せばあの頃は恐ろしい時代でした。

昭和

あれよあれよと街中にゲーセンが増えた。
駄菓子屋にもゲーム機が何台もあるくらい。

スペースインベーダーで火が付いたのだけど、
中学生の時の村野少年が一番好きだったのは、
あの名作、平安京エイリアンでした。

平安京エイリアン

検非違使(けびいし)が画面上で穴を掘って、
エイリアンを埋めるだけの単純なゲームです。


wikiによると、
1979年に東京大学の理論科学グループ(略称:TSG)が開発したコンピュータゲーム。
だったんですって。
そういうことは知らなかったよ。
私はインベーダーよりこちらにお金をかけました。

平安京エイリアンを覚えてる人、
俺もやったよ!って人はいますか?


(この話は明日に続く)

☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★':*:'
紫微斗数 乾元会(村野大衡のHP) ⇒
今月の鑑定日はここ☆をご覧ください。
☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★':*:'

新たに紫微斗数ランキングにも参加しました。
この3つのクリックをぜひお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 開運カウンセリングへ


拍手での応援もお願いします(最高の励みです)

テーマ : 懐かしい話 / 思い出話
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ほのぼの占い師“村野大衡”

Author:ほのぼの占い師“村野大衡”
命理師の村野大衡です。
日記なのか占いの話になるのかわかりませんが、お気楽な私に付き合ってください。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleトータル来訪者数sidetitle
sidetitle今ここを見ている人はsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitle年別アーカイブ一覧sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle乾元紫微斗数(けんげんしびとすう)sidetitle
乾元紫微斗数は通常の占いと違い、変な決めつけや予言はいたしません。その人の持つ潜在能力を最大限に引き出すことのみを目的とした究極の能力開発占術です。進化し続ける乾元紫微斗数鑑定をぜひとも体験してください。 http://shibitosu.web.fc2.com/
sidetitle全記事(数)表示sidetitle
全タイトルを表示
sidetitle Amazonおまかせリンクsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブログ村sidetitle