「けんげん」です

私の占術の団体名は「乾元会」といいます。
読み方は「けんげんかい」です。

台湾の師匠の蔡上機老師に命名して頂きました。
老師は御覧の通り素晴らしく男前です。
(うらやましいぞ!)

イケメン老師

蔡老師に日本での自分の団体名を相談した時に、

「○○会がいいんじゃない」

と最初は違う名前案を提案していただいた。
とてもかっこよくて気に入っちゃいました。

だけどその○○会で検索をかけてみると、
日本には同じ名前の任侠団体がある。

任侠団体

新宿でそんな看板掲げたらえらいことになる。
慌てて違う名前の提案をしてもらいました。
それが現在の「乾元会(けんげんかい)」です。

現在自分で改良して作り上げた紫微斗数も、
「乾元紫微斗数」と名乗っている。
もちろん「けんげんしびとすう」と読みます。

乾元紫微

しかし少しだけ困ったことがある。
皆さん読み方を間違えるのだ。

申し込みの電話を頂く時も半数の方は、

かんげんしびとすう鑑定を
受けたくて電話しました。


こんな感じで電話がるのです。
HPにも所々ルビを振ってあるのだけど間違えちゃうんだね。

「かんげん」だと私は「還元」をイメージしちゃう。
歳末セールのようなイメージです。

ちなみに「乾元」は年号にも使われています。
日本でも中国でも使われていたようです。

日本:正安の後、嘉元の前。
    1302年から1303年までの期間。
中国:唐代の元号のひとつ。
    粛宗の治世の2番目として使用された。
(wikiより)


これは中国の「乾元重宝」といわれる通貨です。
記念に一つ手に入れておきました。

乾元重宝

とまあそういう訳で、
乾元紫微斗数をよろしくお願いします。
(「けんげんしびとすう」だよ)

(*`・ω・´)ノヨロシクッ☆彡

☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`
  乾元紫微斗数 (村野大衡のHP) ⇒
  今月の鑑定日はここ☆をご覧ください。
☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`

May I make one last request?
この3つのクリックをぜひお願いします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 開運カウンセリングへ


拍手を頂けると非常に喜びます。

テーマ : 占い
ジャンル :

sidetitleプロフィールsidetitle

ほのぼの占い師“村野大衡”

Author:ほのぼの占い師“村野大衡”
命理師の村野大衡です。
日記なのか占いの話になるのかわかりませんが、お気楽な私に付き合ってください。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleトータル来訪者数sidetitle
sidetitle今ここを見ている人はsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitle年別アーカイブ一覧sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle乾元紫微斗数(けんげんしびとすう)sidetitle
乾元紫微斗数は通常の占いと違い、変な決めつけや予言はいたしません。その人の持つ潜在能力を最大限に引き出すことのみを目的とした究極の脳力開発占術です。進化し続ける乾元紫微斗数鑑定をぜひとも体験してください。 http://shibitosu.web.fc2.com/
sidetitle全記事(数)表示sidetitle
全タイトルを表示
sidetitle Amazonおまかせリンクsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブログ村sidetitle