Entries

ティッシュ配り②

先日の話に続きます。
話の流れがあるので、まだの方はこちらを見てね。

 ⇒ ティッシュ配り①(2016/01/10)

ティッシュ配りを提案したのはよいが、
業務全部を私がやらねばいけなくなった。

まずは作ってくれる業者を探さねばならない。
今であればネット検索すればすぐに出てくる。
その当時はネットなどはない。
とりあえず電話帳で調べ始めた。
調べ始めてすぐにだが、

そういうことは、
広告会社に聞けばよい。


ということに気づいた。
幸い私にはツテがあるのだ。
この話より数年前で話が前後してしまうが、
当時、某バイトで店を任されていたことがある。
(バイトで店を任されてたすごい話)
(この話はいずれまたいたします)

その時に宣伝のためにお世話になった広告会社を知っている。
そこに電話してお勧めの業者を教えてもらった。

どこで何が役に立つかわからないもんだね。
さすがにお勧めだけあってセンスの良い会社だった。
イメージを伝えてくれればデザインもしてくれる。

デザイン

私の本業である会社は13時出社だった。
(その分終わりは21時30分ね)
(実際は23時頃だったけど)

午前中に業者と打ち合わせを数回しました。
デザインを決めたり単価について相談したり・・。
大口注文ではないのでそこまで単価が下がらない。
使う色数にもよるし、何枚入りにするかでも違う。
6W(6枚入り)でいいだろう。
結果、一個当たり6円ということに落ち着いた。
ロット数が少ないのに6円は破格の安さである。
(これには裏技も使ったのだ)
(知りたい人は鑑定時に聞いて)


この辺のことを詳しく書いてもいいのだがキリがない。
ちょっと途中をすっ飛ばしますね。

スピード 飛ばす

~~~で、
ティッシュは出来上がったのだ。

さぁ、どうやって配ろうか?

喫茶店のティッシュです。
こういったものは駅前がBESTだろう。
お店のある駅のロータリー前に決めました。
1人より2人いた方が道行く人も安心するかな?
私は当時仕事を辞めたばかりの○○君にバイトを頼んだ。

これで完璧だ。

さっそく○○君とロータリーに行って配ろう。
店の倉庫から2人で最初の一箱を持って駅に向かう。
ちなみに一箱に1,000個入ってます。
初のティッシュ配りだ。
貰うことはよくあるが、配ることは初めて。
すっごく緊張したのを覚えてる。

道の隅に箱を置き、
借りてきた店名入りのエプロンを身に着ける。
手にはいくつかのティッシュを持って配り始めよう。

おはようございま~す。
お願いしま~す。


最初はドキドキしたが慣れてくると楽しいものだ。
1時間ぐらいするともうベテラン気分。
どうすれば受け取ってもらえるかを研究する余裕まで出てきた。

結構楽しいな~

なんて思ってるところに、
いかつい二人組が近づいてきた。
その二人組は警官である。
あれれ、まっすぐこっちに来るぞ。
しかも怖い顔をして一直線に近づいてきた。

ちょっと君たち、
道路使用許可取ってるの?


警察官

はぁ?
ポカーン顔の私。

ポカーン顔

ドウロシヨウキョカ?
なにそれ、おいしいの?


(次回に続く)

☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆
 村野大衡のHP(鑑定の情報もこちらです)
http://members2.jcom.home.ne.jp/fushigina/
☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆

ε=ε=ε=ε=ヽ(* ̄∇ ̄)ノ ヤバイ!


励みのポチもお願いします(更新頑張っちゃいます)

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://muranodaikou.blog114.fc2.com/tb.php/717-a2e372ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

台湾上機派紫微斗数

最近よく聞くようになってきた紫微斗数。 数ある流派の中でも台湾上機派は最新技術を取り入れ常にアップデートしています。 進化し続ける台湾上機派紫微斗数鑑定をぜひとも体験してください。http://shibitosu.web.fc2.com/

ほのぼの時計

全記事(数)表示

全タイトルを表示

Amazonおまかせリンク

ブログ内検索

ブログ村

Extra

プロフィール

ほのぼの占い師“村野大衡”

Author:ほのぼの占い師“村野大衡”
命理師の村野大衡です。
日記なのか占いの話になるのかわかりませんが、お気楽な私に付き合ってください。

最近の記事

トータル来訪者数

今ここを見ている人は

現在の閲覧者数:

年別アーカイブ一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる