金運と「財庫」

靖国通り
         新宿の靖国通りです(ドンキ前)

金運という言葉はよく使います。
紫微斗数の鑑定でも「金運はどうですか?」と、みなさん聞いてきます。

金運と言っても色々あります。
働いてお金を得る能力と、それを守る能力は別になります。
守る能力を風水では「財庫」と呼びます。
財を管理し、守る能力の象徴である場所が財庫となるのです。
台湾上機派風水では財庫にと~ってもこだわります。

では、財庫とはどこにあるのでしょうか?
家の中の財庫はキッチンです。
(オフィスの場合は金庫です)

まずキッチンをよく見ましょう。
キッチンは基本的に住宅の気流が集まる場所です。
大部分の家はキッチンは家の奥に設置され、気流を収納する位置です。
キッチンのガスが燃えるときには大量の空気が必要です。
換気扇は風を吸ったり排出したり、キッチンは空気の流動地になります。
財産が収まるには最も良い場所となります。

玄関から入ってくる気流は財運なので、奥のほうに位置するキッチンはお金を貯める、或いは財福を扱う金庫的な存在なのです。
ですからキッチンをしっかりと片付ければ財産をうまく管理できるといえるでしょう。
どうせ掃除をするならば、意味を知ってするほうが良いと思います。

キッチンは財産以外にも健康に大きな関係があります。
詳しい話は別の機会に・・・。
   
 

水槽の位置

さくら
       桜の季節になりましたね

最近来られた知人のお話です。
彼は風水が大好きです。
私はまだ風水講座は準備中なので、他の先生の講座を勧めてます。
彼がその講座で学んだ方法により、財運を呼ぶために水槽を置いたという話になりました。
職業は公務員なので、水槽を置いたからと言っていきなりお金が入ってくる訳ではありません。
その辺の常識的な所は彼も分かっているのですが、問題は次の話です。

「設置後しばらくしたら頭痛がするようになった」

う~ん、どうしてでしょうか?
特に奥さまとお子さんに症状が出てるそうです。
間取りを見せてもらいましたが位置は間違いないようです。
私も「どうしてだろうね?」しか言えませんでした。

気になるので翌日メールに写真を添付して送ってもらいました。
なーんだ、原因が分かりました。
水槽がものすごく高い位置にあるのです。
リビングにあるのですが、ソファーに座ると頭より上の位置です。
そんな高い所に水槽を置いてはいけません。
普通にみたって不安定で地震が来たら怖いでしょ?
それが頭に向かうので無意識に恐怖感が生まれます。
風水的に説明すると、頭より高い所に水槽があるのは“淋頭水”といって頭痛や泌尿器系の病気になりやすいのです。
(ちなみに家の後ろの高い位置に水場があるのも同じです)

しかし図面だけ見ると実にいい場所なんですよ。
「しっかりみないといけないな」という良い教訓になりました。

☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆

紫微斗数の話に変わります。
台湾上機派紫微斗数では最初に「人生の方向性」を導き出します。
中心からズレた人生ではどんな努力も実りが少ないからです。
方向が定まれば自ずと先が見えてきます。
皆さん、人生の中心を掴みましょう。
そのために紫微斗数は強い味方になってくれます。
(以上!宣伝でした)

「いかなる港を目指すかを知らない者にとって、いかなる風も吹かない」  セネカ『ルキリウスへの手紙』より

☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆,':*:'`★,':*:'`☆

最近、DSiを購入しました。
といってもゲームをするのではありません。
DSのソフトに中国語の学習ソフトや台湾の地図ソフトがあると知ったのです。
録音して模範の発音と比べられるので中国語初級(いつまで初級なんだよ)の私には持って来いです。
 
DSi

あ、例の変化はまだ続いています♪
いやー、実に楽しい♪
  
 

☆最強の瓢箪☆

“瓢箪(ひょうたん)”は水晶と並んで風水グッズの代表的なものです。
豊臣秀吉も守護に千成瓢箪を持ち、自分の馬印としていたそうです。
台湾上機派風水でも色々な場面で瓢箪を使います。

・病気を和らげる。
・邪気を吸い取る。
・金運をつける。
・厄除け。

私も今までいろんな瓢箪を使いました。
実際に使用して効果を研究しました。
そうこうしているうちに段々と「納得する瓢箪がほしい(笑)」と思うようになります。
それが極まり今年は自分で瓢箪を作成するにまで至りました。

まずは土地の地場の調整から始めます。
水、日光の当たり方までこだわりました。
ついに最強瓢箪の出来上がりです。
素人の手作りですから見た目は良くないですが、波動測定してみるとかなりのものです。
少し多めに作りましたので風水鑑定の折に何人かにはお分けできると思います。

来年はもっとうまく作るぞ!
   
ひょうたん

http://members2.jcom.home.ne.jp/fushigina/
 
 

掛け軸・壁飾り

壁に掛け軸や壁飾,絵などを飾る方も多いです。
良いものを飾れば部屋の雰囲気を変えることができ品格も上がります。
しかし、もし絵の中の内容、意味が凶であれば家の風水や運勢に大きな影響を与えます。
飾るときに必ず吉になるものを選んでください。

色あいが上品で柔らかい水墨画のような風景の絵がお勧めです。
或いは良い意味を含んだ字の掛け軸もよいでしょう。
台湾上機派でよく使うのは、駿馬図(走っている馬の絵)、牡丹、三羊図、九魚図、百鶴図、朝陽図など。

漢字の掛け軸の例として「一帆風順」「馬到成功」などがいいでしょう。
毎日こういった文字を目にすることで脳を刺激するのです。
良いことを連想するので開運につながります。

水墨画を購入する際注意すべき点があります。
※水の流れは急なものではなくソフトで、
 絶えずに流れているようなイメージのもの。
※流れは外側から内側に流れているものがいい。
※滝を買ってしまったら財は流れてしまいます。
※雰囲気として陰の気が強すぎないように。
※○○が書かれているものは絶対にダメ。
 (○○は風水の鑑定時に伝えます)

来年は丑年ですね。
・・・・・・・・来年は丑年ですね・・・・・・・・
この絵が良い訳ではないけど牛なので

http://members2.jcom.home.ne.jp/fushigina/
 

動物のパワーを借りて

動物は人類にとって最も親近感を持つ存在です。
人は動物の形をしたものを飾るのも好きです。
特別な意味を象徴する動物ならば、さらに人に好まれます。

例えば台湾では「禄」が欲しければ同じ発音(ルウ)である「鹿」を飾る。

「一馬当先」という4文字熟語も台湾では好まれています。
前に出て馬のようにすばやく走る、一人勝ち!を願います。
だから走っている馬を飾ります。

弱い運気から脱出するには?
「弱」の反対が「旺」。
「犬」はワンワンと吠える。
「旺」もワンという同じ発音なので犬を飼う。

家の運気を上げてくれる願いを込めるのです。
子孫の繁栄と家財旺盛につながると考えます。

「ぞう」は平和と喜びを代表する。

「亀」と「鶴」は長寿を意味する。

「おしどり」は愛情を象徴する。

「鷹」は高く飛ぶというイメージから事業の発展、広がるという意味。

「魚」は余ると同じ発音なので、余裕という意味になる。

「金魚」、金の玉を代表します。

十二支の三合を飾るのもよいでしょう。

動物の飾りは空間の雰囲気を良くしてくれるだけでなく動物の気を借りて元気にしてくれるのです。

八駿馬3

        この絵は蔡老師の事務所にある「八駿馬」です。
 
プロフィール

ほのぼの占い師“村野大衡”

Author:ほのぼの占い師“村野大衡”
命理師の村野大衡です。
日記なのか占いの話になるのかわかりませんが、お気楽な私に付き合ってください。

最近の記事
カテゴリー
トータル来訪者数
今ここを見ている人は
現在の閲覧者数:
年別アーカイブ一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

乾元紫微斗数
最近よく聞くようになってきた紫微斗数。 数ある流派の中でも乾元紫微斗数は最新技術を取り入れ常にアップデートしています。 進化し続ける乾元紫微斗数鑑定をぜひとも体験してください。http://shibitosu.web.fc2.com/
エサをあげよう

クリックでエサをあげられます

全記事(数)表示
全タイトルを表示
Amazonおまかせリンク
ブログ内検索
リンク
ブログ村